ビジネスマンに必要なアンガーマネジメント

ビジネスマンとして知っておきたい能力の一つに、自分の怒りをコントロールできるということがあります。

社会生活を送る上で、自分が上司という立場になったとき、部下と円滑にコミュニケーションをとるために、つねにフラットな精神状態であるほうが好ましいです。

怒りっぽい上司相手に、何かミスをしたとき、または相談したいとき、相手が怖いと気軽に質問ができないという体験をご自身がしたことはありませんか。

そのような怒りっぽい上司のもとでは、ミスは隠蔽されやすくなり、やがて大きな問題に発展していきます。

怒りの感情を上手にコントロールできない人は、ビジネスの社会では嫌煙され、そして人間関係でもつまづく事が増えてきます。

もし貴方自身が自分の怒りをコントロールできていない自覚があるのであれば、アンガーマネジメントを学ぶのが最短のルートです。

ビジネスマンに必要なアンガーマネジメント

アンガーマネジメントは自分の感情を客観的に理解する能力を育てる方法です。

怒りをコントロールすることで、円滑に社内の人間とコミュニケーションがとれるようになります。

特に上司として部下に接するような管理職ほど、このアンガーマネジメント能力は必要になります。

しかし、多くの怒りをコントロールできない方は自分の何が問題なのかを理解できていません。

そのため、具体的なテクニックを紹介しますので、日々自分自身の怒りコントロール方法を試していくことで改善しましょう。

衝動をコントロールするには

怒りを抱くと衝動的に怒鳴りつける、暴力を振るうような自分を変えたいのであれば、まずは衝動をコントロールする方法をしりましょう。

人間の怒りは脳内にあるアドレナリンが原因。

そのアドレナリンは怒りを抱いた瞬間6秒間が最も強く放出されるため、この6秒を我慢することで衝動的に感情を爆発させることを回避できます。

具体的な衝動コントロール方法

怒りを感じたらまずはその怒りを10段階のうち何段階にあるのか点数をつけましょう。

客観的に怒りのグレードを知る方法です。

今の怒りは何段階だろう?

そのことを考えるだけで、6秒は経過するため衝動的に怒りを相手にぶつけることができずにすみます。

視野をひろげる

怒りの原因を探る方法です。

多くの怒りは、自分の中にあるルールに相手がそぐわない行動をとったときに生じる場合があります。

「~~すべきなのに」相手がやらない、というような「~べき」という思考が原因で怒りにつながります。

具体的には、電車では静かにすべきなのに中国人旅行客はうるさい、とか優先席はお年寄りが座るべきなのに、若い子が座っている、などの思考です。

ですが、ここで怒りを抱いてイライラする「~べき」という考えは果たして正しいのでしょうか?

自分自身の固定観念に疑問を投じることで、物事を多角的に見ます。

そうしてみると視野がひろがります。

優先席に座っている若い子は実は妊娠しているかもしれないし、具合が悪く内部疾患の障害をかかえているかもしれません。

電車うるさい中国人は、国柄や国のマナーとしてその国では当たり前のことなのかもしれません。

物事の視野を広げることで、怒る必要のある内容なのかと自分自身に疑問に感じる場合も。

他人と自分にとっての、当たり前が違うことを知れば自ずと怒りをコントロールできるようになります。

怒りの瞬間に深呼吸するとルールをつける

怒りが出た瞬間、一旦深呼吸をするという方法です。

この深呼吸に集中することで、6秒経過し怒りの衝動性を抑えることができます。

また深呼吸はリラックス効果もあり、怒りを鎮めてくれます。
本格的にアンガーマネジメントを勉強するために、セミナーなどもあります。

自分の怒りを上手にコントロールできる上司と、怒りのままに部下に怒鳴り散らす上司、あなたはどちらになりたいですか?
日本アンガーマネジメント協会では、様々な授業で怒りとの向き合い方を紹介してます。

気になる方は是非講座を受けてみては。

日本アンガーマネジメント協会

https://www.angermanagement.co.jp/

できるビジネスマンはストレスとの付き合い方を知る

ビジネスマンとして長い人生を生きていくためには、人間関係で生じたストレスとの上手な付き合い方を知っておく必要があります。

会社に行きたくない気分になるのは、貴方がストレスを抱えて自律神経を乱しているからかもしれません。

マインドフルネスに通じるように、できるビジネスマンは自分のメンタルや体に対して常に神経を配っているものです。

自分自身をしっかりケアできなければ、会社や社会で成功していく事は難しいです。

自分を労わる方法、ストレスを発散する方法を知るビジネスマンは、職場でもタフな人材として頭角を現していきます。

多くのストレスは無自覚な事が多い

自分はストレスと無縁だ、特にストレスを感じるようなタフな仕事はしていない。

そう思っている人ほど、実はストレスを抱えがち。

ストレスに無自覚な人のほうが、気が付いた時にはメンタルバランスを崩してしまい酷い状態になってしまう場合も。

今時分自身が特別ストレスを感じていないという人ほど、定期的にストレス発散方法を試して自分の精神を向かう必要があります。

仕事ができる人や、会社でバリバリとタフに働いている人ほど、実はストレスに対して敏感。

自分が少しでもストレスがあるなと思ったら、そのストレスを緩和するための工夫をしている場合が多いのです。

だからこそ、ビジネスで成功していきたいと考えている人ほど自分の中のストレスを上手に付き合う方法を学ぶべきなのです。

ストレスは自発的にコントロールしなくてはいけません。

無自覚のまま放置するとやがて大きな力となって自分の身に降りかかってきます。

自律神経を失調したり、うつ病になったりストレスの放置は怖い結果に繋がります。

ビジネスマンなら知っておきたいストレス解消方法

多くのストレスは、心が今ここに集中しておらず、将来の不安や、明日の心配事を考えている状態です。

それはマインドフルネスの観点から言えば、「今ここに居ない」と言う状態によってストレスが生まれているともいえます。

  1. 不安な事を考えてしまう
  2. 人間関係に不安を抱え明日の職場に行きたくない辛さがある
  3. 明日の会議を想うと憂鬱

このようなストレスはすべて未来のまだ起きていないことを憂いているにすぎません。

心を「いま」「ここ」「この時」に集中する事で、これらのストレスからは解放されます。

いま、ここに居る事を集中する方法

掃除をする

掃除をするということは、今目の前にある事に強制的に集中する事に繋がります。

掃除は古くから仏教の修行の一種でもありました。

掃除が修行になる理由は、精神が今この瞬間に集中するからです。

インドフルネスで大切な「いま」「ここ」「この時」に集中する方法が分からない方は、まずは目の前の掃除にとりかかってください。

不安な気持ちになった時ほど、掃除はストレス開放の一種として有効です。

体を動かす

心を緩めるためには、有酸素運動と、夜がなどの瞑想がおすすめ。特に呼吸を整えるヨガや瞑想はストレスで乱れた自律神経を整えます。

マインドフルネスの観点からも、「いま」「ここ」「この時」に集中する運動や、ヨガ、瞑想はとても有効な手段。

多くのビジネスマンや、アメリカの起業家などは毎日の生活にヨガや瞑想、運動を取り入れているのはマインドフルネスの視点からです。

読書をする

読書というのも、実は読書をしている瞬間は「いま」に集中している状態。将来の不安や、職場の嫌な事などを忘れる事ができ、マインドフルネスの観点からも有効な手段です。

瞑想や運動が苦手な人は読書をする事で、ストレスを解消していきましょう。

無自覚なストレスを自覚するには

そもそも自分がストレスを抱えているか分からないという方にお勧めの方法を紹介します。

日記をつける

ストレスに無自覚な人は、まずは自覚するところから。

毎日の自分の行動の変化や、朝の状態などを簡単に日記につけてみることをおすすめします。

最近寝つきが悪い、朝に弱くなった、やる気が無い日が多いなど、日記をつけることでバイオリズムを客観的に自覚できるようになります。

栄養に意識を向ける

調子ば悪く、メンタルが沈む理由の一つに日々の食事が適当になり、栄養が足りていない場合があります。

ファーストフードばかりが続いていたり、偏食が続くと自律神経が乱れ、ストレスに弱くなります。

できるビジネスマンは自分が口にするもの、栄養にとても敏感です。

しっかり体が必要とする栄養素を摂取できているかによって、メンタルのタフネスさが変わります。

ストレスに無自覚な人は、まずは自分の食生活が正しくバランスが良いかについて考えてみましょう。

ストレスの解消法は人それぞれですが、一番は無理をしないこと。

体に不調が現れる前にストレスを発散することが一番大切ですが、実際に不調が出た時に無理を押して出社する必要はありません。

頑張り過ぎず自分の体や精神を大切にすること。そのことがタフなビジネスマンとしての自己成長にもつながるのです。

ビジネスマンに必要な嫌な人間との付き合い方

会社の人間関係で悩んでいませんか?

  • いつも叱られて毎日会社に行くのが嫌になってきた
  • 職場でイライラする事がある
  • 上司に叱られて憂鬱、何で自分ばかり怒られるのだろうと辛く感じる
  • 嫌いなお局様から、いびられたり嫌味を言われて気分がささくれる
  • 言うことを聞かない生意気な部下にいつもイライラして自分がキレそう

そんな体験いつもしていませんか?

働いていると、時として嫌な人とも付き合いが生じる場合が多いです。そんなとき、貴方はどうやって乗り越えていくのでしょうか。

人間関係でストレスフルなビジネスマンのために

働いていると、男女性別関係なく嫌な人というのがいます。

または、どうしても相性が悪い人がいます。

学生時代は、嫌なことを言う人とは自分の選択で離れていく事を選べば良かったかもしれません。

嫌いな先輩とは、飲み行ったり遊ばないようにすればいいだけなのです。

しかし、会社となると途端にそのような選択はできなくなってきます。

上司や先輩が嫌な奴だからといって相手の存在を無視をしたりする事は仕事上では難しいのが事実。

また、そもそも良い歳をした大人が好き嫌いで人を無視するというのは、社会人のマナーとしておかしな話です。

一度社会に出てしまうと、人の好き嫌いで仕事をすることがいかに恥ずべき事であるか、貴方自身理解できるようになると思います。

しかし残念な事に、世の中には、自分の好き嫌いで相手への態度を変えて業務に支障をきたすような「腐ったミカン」のような人物がいます。

そういう人は、会社でただ、与えられた仕事を私情を挟まずに働く事だけを求められているのにも拘らず、他人の悪口や、いじめや、自分のストレスのはけ口として他人に辛く当たったりするのです。

こういう嫌な奴と出会ってしまうと、貴方自身とても辛いですよね。

嫌いな人と会社で会わないようにすることを、自分自身では選べません。

もし務めている会社でこのような人と出会ってしまったとき、果たしてどうすればよいのでしょうか?

働く事に生き辛さや辛さを感じている方は、まずは様々な人の価値観に触れて自分の視野を大きくしてみましょう。

そうする事で、貴方の悩みの解決方法を知る事ができるようになるのです。

会社で最も多いストレスとどう付き合うべきか

仕事をしていくうえで最も多くの人が感じているのが、人間関係によるストレス。

このように嫌な人と無理にでも仕事上関わらなくてはいけないため、日々自分自身もイライラしたり怒りを覚えたりします。

イライラがまだコントロールできる人はよいです。

ストレスが蓄積すると、ある日突然噴火したかのように怒りの感情に支配されてしまうことも。

そして自分自身の怒りのせいで、社内の人間関係がさらに悪くなって自分自身を苦しめる負のループに陥ることがあります。

怒りが外に向く人はまだ健康的かもしれません。

もっと悪いと、自分自身に怒りが向いてしまい

「なんで自分は他の人のように、コミュニケーションがとれないのだろう」

だとか

「なぜ自分はうまく行かないのだろう」

と自らを責めがちの人も。

そういう方は自分が悪いのだと思い込みすぎてしまい、そして欝々とした気持ちに陥ります。

多くの人は、企業に勤めて働いている人生を選んでいると思います。

そこで出会う様々な人間関係に、生き辛いと感じるビジネスマンも多数います。

このサイトでは、働くサラリーマン、ビジネスウーマンたちがいかにして人間関係のストレスから逃れていくのか、その方法や考察を紹介していきたいと思います。

今現在会社の人間関係で悩んでいる人は、マインドフルネスの観点を知って心を自由に開放していきましょう。

会社の人間関係原因の転職は逃げなのか? 

どうしても嫌な人が職場にいる。そのようなシチュエーションが毎日続くのはとても苦痛です。

サラリーマン、OLとして働くうえで最もストレスになるのが人間関係。

一人でも自分に辛く当たる人や、まるで嫌がらせのようにフラストレーションをぶつけてくる相手がいると、とても嫌な気持になります。

人間関係が原因による転職に悩むとき

会社でうまく行かない人間関係がある場合、真っ先に考えるのが転職という判断です。

仕事を辞めてしまい、次の仕事を探してこの場から逃げたいという思いは誰しも抱く感情です。

ですが、衝動的に行動をする前に、一呼吸おいてください。

はたして、「転職」というその行動は正しいのでしょうか。
人間関係が嫌で転職をする時成功する人と失敗する人がいます。

人間関係による転職は成功するのか?

結論から言えば、今の職場の人間関係が辛いから転職をするという判断は、失敗して後悔する人と、成功して転職をしてよかったと思う人で人それぞれです。

つまり、やってみないと結果は誰にも分らないのです。

だからこそ、転職という決断をする前にまずは現状の正しい整理が必要。

自分が本当に自分が転職すべきか、それとももう少し我慢すべきかを冷静になって正しく判断しなくてはいけません。

なるべく多くの人に転職をして失敗だった、こんなことなら我慢しとけばよかったと思わない選択をしてほしいです。

20代の若い世代なら衝動的に行動しても、まだ若さという武器があります。

ですが30代を過ぎての転職はやはりリスクが高いのが現実。

この記事を読んでいる貴方がまだ若い20代であれば、深く考えずに転職をするというのも一つの人生経験です。

人間関係が原因で転職に失敗するのはどういうとき?

転職をしたのに、失敗したと感じる方が世の中にはいます。

その理由は様々ですが、最も避けたいのが、転職した先でも同じような人間関係の壁にぶち当たってしまうという点です。

せっかく逃げてきたのに、同じような人間関係が転職先でも発生してしまった。

そんなとき、また貴方は転職をして逃げるべきなのでしょうか?

冷静に考えてみると、働いて社会に属している以上、自分と合わない人とどこかで出会う確率はとても高いのです。

だからこそ、人間関係に躓いて仕事を辞めた場合、その先でも同じような人間関係にぶち当たるリスクはあります。

そんな場合に、転職を後悔する人はとても多いのが現実です。

転職をして失敗したと感じる人の多くは、

  • 冷静な状況判断がとれていない
  • とにかく今のこの嫌な状態から抜け出したい

ということだけしか見えていないことが原因。

そうするといざその場を抜け出して、落ち着いたころに冷静になって後悔しがちに。

「あれ前の会社は収入も良かったけど、転職だと年収が半分になるぞ」

とか

「転職先でも嫌な上司がいる、それだったら給料が良いだけ前の会社のほうがましだった」

となるのです。

人間関係が嫌でしょうがない時の転職を「逃げ」と表現する人もいますが、そのことは大した問題ではありません。

時と場合によっては逃げるが勝ちです。

しかし、逃げる、逃げないを決める前に冷静な状況判断を一度してみてください。

今の職場の良いところ・悪いところをノートにかき出す

まず転職という判断をするうえで、冷静に情報を整理する方法として一つお勧めしたいのが、今の職場の良いところ、悪いところをノートにそれぞれかき出すという手法。

この手法は「ブレインダンプ」と言われており、頭の中にある雑多な情報を一度ノートに落とし込む事で状況整理をすることができます。

例えばば、このようにノートに書き出してみてください。
議題:今の会社の良いところ

  1. フレックスタイムが使えて出社時間が自由
  2. 残業があまりない
  3. 裁量権があり、自由に仕事ができる
  4. 有給が取得しやすい
  5. 福利厚生がしっかりしている・・・・・・

議題:今の会社の悪いところ

  1. 上司がパワハラをする
  2. 給料が安い
  3. 中々昇進をしない・・・・・・

それぞれの「議題・テーマ」に対して、20件~30件を目安に感じることを書いてください。

くだらないというような内容でも良いです。

頭の中を絞り切るようにすべて書ききる事が大切です。

すべて脳内の雑多な考えをノートに書きだした後、改めて今の会社の良いところ、悪いところを冷静にみていきましょう。

全体的に実は今の会社にはよいところがたくさんあり、唯一の悪いところがパワハラ上司ただ一人のせいである場合もあります。

そのことが分かったら、次は、「どうすればよいのか」思いつくことをすべて書き出してみましょう。

  1. うつ病の診断をもらい休職する
  2. 転職活動をする
  3. 人事に相談する
  4. パワハラを我慢するのを辞めて言い返す
  5. 上司に仕返しをする・・・・・

などなど、実は転職以外にもパワハラ上司を何とかする道が実は存在する事に気が付くはずです。

多くの人間関係で悩み、転職をしようと思い詰めている人の多くは、その状況から抜け出す方法に対しての視野が狭くなっている場合があります。

ブレンダンプは多くの選択肢があることを明確化してくれます。

これらの転職以外のすべての方法を試しても、それでもだめだったら転職をする、というような判断のほうが後悔せずにすみます。

もちろんブレインダンプの結果、会社の良いところと、悪いところの比重が明らかに悪い事のほうが多い場合は、迷わず転職をしましょう。

転職は一つの選択として、正しい判断である場合もあります。

人間関係を理由とした転職は時として後悔につながる場合も多いです。

自分の状況を冷静にジャッジメントできるような工夫をしたほうが、自分にとって大きなメリットのある選択が下せるようになります。

会社の人間関係が辛いときの選択肢を知る

会社の人間関係で悩んだ時、具体的にどのような行動を取るべきでしょうか。

今回は今現在会社の人間関係で悩んでいる方のために、選択肢をご紹介いたします。

視野が狭くなっていることを自覚しよう

会社の人間関係で思い詰めてしまう方は、極端に視野が狭くなってしまいます。

普段であれば気が付くような解決方法も思いつかない状態に。

まずは、多くの選択肢が貴方にはある事を知ってください。

会社を辞めたり、自殺をしたりするほど思い詰められる前に、実は逃げ道はたくさんあります。

頑張って今の人間関係を乗り越えなくては!!

逃げちゃダメだ!!

そう思い詰める必要は一切ありません。

貴方の人生は貴方が心地よいように生きても良い権利があります。

周りが頑張ってるから自分だけが逃げるのなんて、という罪悪感は一切ありません。

会社の人間関係に悩んだ時どうする?

人事部・上司に相談する

今いる部署の人間関係が合わない場合、または直属の上司と相性が悪い場合。

相談すべきは人事部や、相談できる上司への相談です。

ある程度の規模のある企業であれば、パワーハラスメントなどのセーフネットとして人事部が機能します。

どうしても相性が悪い相手がいてストレスを感じる、パワハラと自分は感じていると相談することで、その対象人物と業務上関わらないように調整をしてもらうことなどもできます。

思い詰めて心を壊したり、転職をする前に社内に味方をつくる行動を起こしましょう。

ストレスチェックを受け医療機関に相談する

ストレスチェックを受け、自分が今現在客観的にどのレベルのストレスを感じているかを第三者視点で評価してもらいます。

無自覚でも鬱の初期症状が出ている場合などもあるため、ストレスチェックでスコアが悪い場合は医療機関にすぐに相談しましょう。

場合によっては、休職などの診断書も用意してくれます。

  • 自分が休んだら回りに迷惑がかかる
  • 逃げると思われるのでは

というような心配は不要です。

意思の診断書が出た場合、速やかに休職ができるようになっており、貴方自身の権利でもあります。

少し長めの休みを取る事で、人間関係のストレスから解放されます。

そしてゆっくり静養しながら、会社を辞めるか、もう少し今の職場で頑張るか、部署を変えてもらうかなど考えましょう。

転職を選択する

会社の規模によっては、人事がほとんど働いていなような場合もあり得ます。

いくら人事に相談しても職場環境の改善が難しい場合や、異動出来る部署がない場合は速やかに転職活動を始めましょう。

人間関係を我慢してまで働き続けるメリットは貴方に果たしてありますか?

生活のために働かなくてはいけないのであれば、自分にとって居心地の良い職場がこの世の中に必ずあると信じてください。

転職は逃げではありません。今貴方の職場が貴方に合っていなかったので、合う場所を探すだけです。

会社以外のコミュニティに所属する

人間関係のストレスが高じる時は、一つの理由として所属するコミュニティが狭いから問題が深くなるという点があります。

つまり家と会社の行きかえりだけの人生の場合、人間関係がとても狭くなるため問題を深刻にとらえてしまうのです。

会社以外のコミュニティに属し、そこで自分を認めてもらえたり、評価されるような場所を作る事で、会社の人間関係がどうでもよくなることがあります。

習い事とを始めたり、趣味の仲間とつるんだり、ボランティア活動を始めてみるなど、自分が所属するコミュニティを増やしてみましょう。

思い切って休暇を取る

うつ病などの診断書がある場合は長期の休暇が取れますが、病気まで行かないという場合もありますよね。

こういうときは思い切って有給休暇を使用して、一週間ほどの休暇をとりましょう。

自分が休んだら周りに迷惑がかかると考える必要はありません。

社会は思った以上に、自分がいなくてもなんとか回るものです。

他人を気にして自分の心が疲弊する必要は実はないのです。

あの人に迷惑かけるから、なんて心配せずに思い切って休んでください。

人間関係の躓きの根本は自己肯定間が低いから?

仕事の人間関係がうまく行かない時、転職を考えるのも一つの手段ですが、その根本的な「感じ方」を変えていくことも有効です。

感じ方というのは、物事の受け取り方のこと。

例えば自己肯定感が高い人の場合、上司や部下から嫌味を言われても「自分の悪い点があるから教えてくれたんだ」と前向きにとらえます。

全く自分に非がない難癖の場合は「自分は悪くないから、こういうのはあの人の感じ方に問題があるからだ」と自分に自信をもって嫌味を受け取らずにスルーができます。

人間関係において、実はこの自己肯定感というのはとても重要なもの。

これがしっかり育っていない人が大人になると、社会でこのようなことを感じます。

  • 傷つけられやすい
  • なんでも自分が悪いと思い込む
  • 嫌な人間関係になり、サンドバックになりやすい
  • NOと言えずに仕事を引き受けてしまう
  • ネガティブに物事をとらえやすい
  • 仕事上で失敗を恐れてチャレンジができない
  • 自分なんてどうせ、成功しないという思いが強い

どうでしょうか、貴方自身ネガティブな思考が多い人でしょうか?

もしかしたら貴方は自己肯定感が低すぎる事が原因で、ビジネス社会で辛いという日常を送っているのかもしれません。

ビジネス社会でタフに生きるためには、自己肯定感を高めるのが一番のいまの「辛い」から抜け出す方法です。

なぜ自己肯定感が低くなった?

自己肯定感というのは子供のころの親との関係が一番影響を受けます。

  • 褒められた経験がない
  • いつも親から否定されていた
  • 「うちの子はてんでダメで」という謙遜の言葉を聞かされ続けていた
  • 勉強や運動での成功体験がない

親から褒められたことがない、愛情を感じた事がない場合自己肯定感は育ちません。

じゃぁ子供のころからの教育が原因であれば、自分の自己肯定感が低いのは親のせいだ!そう感じるかもしれません。

ですが、今の貴方はもう大人です。

親に「褒めてもらう」こと以外で、自分自身で自分を肯定していくことで自己肯定感は高めることが可能。

親のせいにして「どうせ自分はもう成長できない」と嘆く必要はありません。

大人になってから自己肯定を高めるには

自分を毎日褒める

どんなに些細な事でも、自分を褒めることを習慣つけてください。

夜寝る前や朝でもよいです。

  1. 毎日会社に行ってる、偉いね
  2. 晩御飯は自炊したんだ、すごい!

このようなレベルでも大丈夫です。特別すごい事じゃないと自分でお思っている事でも、OK。

日々続けられている事に対して自分で褒めるポイントを見つけて毎日自分を褒め続けてみてください。

アファメーションを日常に取り込む

アファメーションは、建設的な言葉を声に出して宣言することです。例えば、

  • 自分はできる人間だ
  • 自分には価値がある
  • 私は幸せだ
  • 私は十分に幸せで満ち足りている

このようなプラスのイメージを持った言葉を毎日声に出すことで、潜在意識から自己肯定感を高めていきます。

夜寝る前などに、アファメーションをする事で脳に言葉が刷り込まれていき、肯定感を高めます。
自己肯定感は、自分に対する肯定の経験が少ないことが原因します。子供のころから親に刷り込まれた潜在意識の中に

  • 自分はダメな子
  • 何をやってもできない
  • 優秀じゃない
  • 親から褒めてもらえないのは自分が悪い子だから

というような思いが刷り込まれています。

この否定的な考えを、大人になってから潜在意識にプラスの言葉を刷り込ませることで肯定感は向上していきます。

自分の潜在意識に刷り込まれた自分には価値がないという思いを塗り替えるだけで、会社やビジネスの社会で積極的になり、人とのコミュニケーションも「辛さ」がなくなります。

ネガティブな捉え方や感情は、自己肯定が低いことが原因。

それを改善するだけで、貴方の人との付き合い方は大きく変わります。

会社の人間関係で「辛い」ことが多い人は、ぜひとも自分の自己肯定感について認識してみてください。

会社の中の人間関係の断捨離を知る

知り合いや知人、多くの人とかかわるようになる30代から気にしたいのが人間関係の断捨離。

広げてきた人脈をいったん整理することで、ビジネスの世界でさらなる飛躍が貴方を待っています。

多くの人と知り合いであることはビジネスチャンスにつながる場合もあります。しかし中には自分自身の足を引っ張る人間関係があるのは事実。
自分を苦しめる人間関係から解き放たれるために、自分にとって必要な付き合い、不要な付き合いを整理しましょう。

会社の人間関係の断捨離とは

会社の人間関係を断捨離すると聞くと、そんなことできるのだろうかと驚かれると思います。

しかし、ここでいう断捨離というのは仕事上の人間関係を切り捨てるのではなく、貴方のストレスになるプライベートに浸食してくる人間関係の断捨離です。

例えば、あなたがの毎日、このようなストレスを与えてくる人はいませんか?

  • 食事をおごられる事が当たり前の顔をしている部下
  • マウンティングをしてくるお局様
  • 飲みに行けば仕事の愚痴しか言わない同僚
  • 飲みの席で説教をしてくる上司

1件1件は大したストレスでなくとも、それが続いたり蓄積すると自分でも気が付かないようなダメージが与えられています。

仕事が終わったプライベートの時間を活用して、楽しく社内の人間関係を築けるのは良い事です。

ですが、自分自身のプライベートの時間を割いてまで、一緒に居たくない、楽しい時間の使い方ができずにいるのは人生の無駄。

モヤモヤ、イライラするようなストレスを感じる相手に対して我慢して付き合っている方は、この機会に会社の人間の断捨離を試みてください。

「急に飲み会を断るのは・・・」

「これも仕事の一環だから」

と我慢しているなんて馬鹿らしいことです。

貴方のその人間関係における我慢はまったく必要なものではありません。貴方の人生の限られた時間をストレスやモヤモヤする人間に使っているのは勿体ないと自覚してください。

このような貴方にとってプラスにならない人間関係は、キッパリと断捨離をしてしまいましょう。

断わるのが過度が立つなら、言い方を変えていけばいいのです。

例えば飲み会に毎回誘ってくれるけど、愚痴ばかりの上司、同僚との飲みの断わり方には嘘も方便。

「最近、医者から酒を控えるように言われまして・・・・」でOK。

マウンティングしてくるお局様や、ランチをたかってくる部下に対しては

「最近自炊に目覚めて当分お弁当生活なんです」でOKです。

角の立たない言い回しをしながら、疎遠にしていくのが人間関係の断捨離の秘訣です。

いきなりキッパリと「貴方と居ると不快なので付き合いません」とわざわざ宣言する必要はありません。

会社の人間関係で疎遠にしたい人との距離の取り方

  • LINEが来てもスルーする
  • SNSをフォローしない
  • 誘いがあってもしっかり断る

この3つのポイントを守りましょう。

誘いの断わり方は先ほども言いましたが嘘も方便です。

  1. ダイエット中なので
  2. 医者から酒を控えるように言われまして
  3. お金を節約中なんです
  4. 奨学金の返済があって金欠で
  5. アレルギーになってしまい

などなど相手の気を悪くさせない嘘で、しっかり断りましょう。その繰り返しでやがて疎遠にすることができます。

会社以外のコミュニティに属するメリット

仕事を通じた人間関係によって、社会的な立場からの承認を得るというのも良いです。

ですが、人間関係が会社や仕事に関係するコミュニティに限定されるだけの生活が続くとなると、考え物です。

多くの会社の人間関係に行き詰まりや、息苦しさを感じる人は、実は生活するうえで関わるコミュニティが家庭と職場しかない狭い世界にいる事が多いようです。

狭いコミュニティに属していると、そこで出てくる人間関係の摩擦を大ごとにとらえがちです。

職場はどう関係性が良くてもストレスを追う場所でもあるため、そこでの人間関係だけにコミュニティが限定されていると人生においてあまり良い傾向ではありません。

ビジネスの社会ではつらつとし、楽しく生きていくためには、会社以外のコミュニティに属する「大人の部活」や「世界を広げる」ことに挑戦しましょう。

会社以外のコミュニティが多い人ほど、人生を溌剌と過ごせる

ストレスのはけ口がなかったり、なんとなく生き辛い人ほど狭いコミュニティにしか属していません。

人生を楽しく生きてこそ、ビジネスの社会でも活力を持って挑めます。

まずは自分の人生の土台をしっかり作るためにも、3つのコミュニティを作ってみましょう。

ポッセ・コミュニティ

自分の関心分野を共有する少人数のコミュニティ。

ゲームが好きな人はゲーム仲間、テニスが好きな人はテニスの仲間のような、共通の趣味を持つ親しい人との小さなコミュニティです。

ビックアイディアクラウド・コミュニティ

様々なアイディアやインスピレーションを与えてくれるコミュニティ。

ボランティア活動や、勉強会のようなアイディアやインスピレーションを得られるコミュニティです。

自己再生のコミュニティ

安らぎや活力を与えてくれる、現実世界の友人関係などのコミュニティです。

この3つのコミュニティをそれぞれ持っている人は、人間関係においての承認も高くなりタフな精神状態を手に入れる事ができます。

一方で3つのコミュニティを持たず、家と仕事だけの往復の人生で終わってしまう人は、人間関係が狭くなり、生き辛さや、人との付き合いに躓きやすくなります。

何か問題が生じたときに、その問題とは関係ないコミュニティにいるだけで、ストレスは緩和します。

もし今現在ご自分の世界が狭いと感じたり、人間関係が希薄で息抜きできる場所がないと感じる方は、一度3つのコミュニティを意識して新しい世界と繋がってみてください。

メンタルタフネスなビジネスマンの多くは、会社以外のコミュニティをしっかりと持っています。

あの上司や部下に、考えを変えてほしいと思うのは間違い

会社の上司や部下との関係性に悩んでしまい、それが日々ストレスという方、いらっしゃいますか?

毎日会社に行くのが嫌な人間関係というのは辛いですよね。

上司や部下とそりが合わずに、相手に対してイライラする場合どうすればいいでしょうか。

相手の変化を期待するのがストレスの元

多くの方が一番望むのは、上司や部下に考え方を改めてもらいたいという希望です。

貴方もイライラする会社の人間関係で相手に期待してることありませんか?

あの人がこれを辞めてくれたら、というように考える事はありませんか?

しかしながら、職場の人間関係で、相手に変わってもらおうと期待する事は、結論から言えば無駄です。

人間関係における変化は、他人に変わってもらうと考える事からストレスが発生していきます。

「あの人はどうしてあんな言動をするんだ、あの言動を直してほしい」とか

「あの部下の生意気な態度を改めてほしい」

というのはすべては他人に対する無駄な期待にすぎません。

自分自身が他人に変わってほしいと期待を抱いていること、それが貴方自身をストレスにまみれさせているのです。

他人を変える事は一生できないと知る

他人の考え方や行動を変える事は、実はできないんです。

当たり前なのに多くの人がこれに気がつきません。

その事に気が付かない多くの人が、相手に変わってもらうことを期待して、その期待が裏切られることでイライラします。

ストレスの根本的な原因は、他人に対する期待であり、自分の中に人間関係のイライラの原因があるのです。

それでは、腹立たしい上司や部下の態度を改めてもらい、自分がイライラしないで済む方法はないのか?

と言われると一つだけ方法があります。

それは、他人に変化を求めるのではなく、自分が変化すること。

具体的にはこのような行動です。

相手に対するイライラの原因を深く分析し、相手に期待することを辞める

例えば上司の物言いがキツイから、もう少し柔らかい言い方にしてほしいとか、部下がふてくされた態度をとって腹が立つとき。

上司や部下に、その態度を改めてもらうように期待するのをやめてください。

どんなに貴女が訴えても相手の態度は変わりません。

態度が悪いのは、彼ら自身が抱える内面の問題のせいだからです。

妻と上手くいかないとか、アンガーコントロールができないとか、貴方が知りえない面で、彼らが問題を抱えています。

そして多くは自分が抱える問題に気が付いていません。

ですので、最初から貴方は「この人達はこういう人なのだ」と受け入れ、態度を変えてもらえないだろうかと期待してはいけません。

その期待のせいで、貴方をイライラさせているのです。

他人に対して最初から何かを求めないという、スルー力を持つ方に努力したほうが心が解放されます。

相手を理解しようと、別の角度から物事をとらえてみる

また、相手の物言いや態度に対して、貴方はサイコロで言うところの1つの方面でしか物事を見ていません。

相手の態度に何かしらの事情があるのでは、というように視点を変えてみると、相手の態度に対してのイライラも少なくなります。

例えばいつも物言いの強い上司に対して、

「こんな言い方するなんて」

と思うだけなら簡単ですが、上司の立場に立って想像してみてください。

  • 売り上げが達成していなくて部長に怒られたのだろう
  • 部下(自分)が反発的な態度で管理が大変なんだろう
  • 家庭に居場所がなくてストレスがあるんだろう

このように多角的な面から相手を分析すると、そのような状態だから高圧的な物言いになってしまうのはしょうがない。

上司も人間ができていないんだ、と納得に至ります。

何か相手に対してイライラするようなことがある場合、相手の立場に立って想像を働かせると貴方自身が相手の言動に振り回されなくなります。

これが、貴方の考え方を変える方法です。

不思議と相手の立場を考えてみると、相手の態度に対しての怒りも収まるため一度試してみてください。
人間関係で変えられるのは、実は自分自身の考え方や捉え方だけなのです。

相手に変化してもらおうと奮闘するよりも、自分の見方、考え方を変えるほうが、はるかに簡単です。
その事に気が付くことができれば、貴方の人間関係の生きにくさというのは少し変わってくるのではないでしょうか。

ビジネスマンに必要なマインドフルネスの知識

働いている時に多くの不安に押しつぶされそうな気持になる事があります。

  • 明日の会議でうまく行くだろうか
  • 部長に叱責されるのが嫌だ
  • 月曜日からの出社が憂鬱だ
  • とにかくあの同僚の顔をみたくない
  • あの案件のクレーム対応が明日ある

特に月曜日の朝や日曜の夕方など、仕事の人間関係やプレッシャーで憂鬱なときがあります。次々嫌なことを思い浮かべ、気持ちが暗くなります。

また明日への不安に、いてもたってもいられない気持ちになってきます。

働くうえで、嫌な気持になったとき、それをどう乗り越えていけばよいのか。

そういうときにおすすめしたい、マインドフルネスの考え方というものがあります。

マインドフルネスを駆使して働くを楽にする

マインドフルネスというのは、簡単にいうと自分の感情の中で沸き立つ「不安」などとうまく向き合うための方法です。

今この瞬間にいる自分に集中することで、不安や先々の嫌な事から意識を切り放ち、心を開放していきます。

多くの不安というのは、実は今現在自分自身の身の上に起きていない事だと気が付いていますか?

不安というのは、実はそのほとんどが未来の事なのです。

明日の事かもしれませんし、まだ確定していない自分の脳内を膨れ上がったありえない過程の話かもしれません。

明日の会議うまくいかなかったらどうしよう、とか、部長に怒られたらどうしよう、というような脳が見せてくる不安は今この瞬間自分が体験している事ではないのです。

このように不安というのは、多くが未来の予測で沸き立つ感情です。

この感情を放置してしまうと、ますます生き辛くなったり、仕事が嫌になったり。

だからこそ、自分自身でコントロールしなくてはいけないのです。

そこで取り入れたいのがマインドフルネス。

今の自分に集中する方法です。

不安な気持ちになったとき、「今」に集中する方法

夜寝る時、明日の仕事が不安になったとき、次の手順でマインドフルネスを実行しましょう。

方法1:大きく深呼吸をし、10秒数えて息を吸い、10秒数えて息を吐く。

方法2:今の自分の状態を客観的に表現する。
呼吸に集中するとき、心は今の自分に集中します。

最も簡単にマインドフルネスをする方法です。

方法2は、今の自分を客観的に感じる方法です。

「今私は椅子に座ってる」「私は今呼吸してる」「コーヒーの匂いがする」のように今の自分が何をしているか、何を物理的に感じているのか、匂い、音、触感などに集中してみましょう。

不安なことを思い浮かべたり、嫌な過去の事を思い出した時は、すぐにこの方法のどちらかをしてください。

そうする事で今に集中し、心の中の不安を忘れていき、解放されていきます。

よく聞く瞑想も、マインドフルネスに通じます。

夜寝る前や朝などに瞑想の時間を取り入れてみるのもおすすめです。