「ビジネスの嫌な人間関係」カテゴリーアーカイブ

ビジネスマンに必要な嫌な人間との付き合い方

会社の人間関係で悩んでいませんか?

  • いつも叱られて毎日会社に行くのが嫌になってきた
  • 職場でイライラする事がある
  • 上司に叱られて憂鬱、何で自分ばかり怒られるのだろうと辛く感じる
  • 嫌いなお局様から、いびられたり嫌味を言われて気分がささくれる
  • 言うことを聞かない生意気な部下にいつもイライラして自分がキレそう

そんな体験いつもしていませんか?

働いていると、時として嫌な人とも付き合いが生じる場合が多いです。そんなとき、貴方はどうやって乗り越えていくのでしょうか。

人間関係でストレスフルなビジネスマンのために

働いていると、男女性別関係なく嫌な人というのがいます。

または、どうしても相性が悪い人がいます。

学生時代は、嫌なことを言う人とは自分の選択で離れていく事を選べば良かったかもしれません。

嫌いな先輩とは、飲み行ったり遊ばないようにすればいいだけなのです。

しかし、会社となると途端にそのような選択はできなくなってきます。

上司や先輩が嫌な奴だからといって相手の存在を無視をしたりする事は仕事上では難しいのが事実。

また、そもそも良い歳をした大人が好き嫌いで人を無視するというのは、社会人のマナーとしておかしな話です。

一度社会に出てしまうと、人の好き嫌いで仕事をすることがいかに恥ずべき事であるか、貴方自身理解できるようになると思います。

しかし残念な事に、世の中には、自分の好き嫌いで相手への態度を変えて業務に支障をきたすような「腐ったミカン」のような人物がいます。

そういう人は、会社でただ、与えられた仕事を私情を挟まずに働く事だけを求められているのにも拘らず、他人の悪口や、いじめや、自分のストレスのはけ口として他人に辛く当たったりするのです。

こういう嫌な奴と出会ってしまうと、貴方自身とても辛いですよね。

嫌いな人と会社で会わないようにすることを、自分自身では選べません。

もし務めている会社でこのような人と出会ってしまったとき、果たしてどうすればよいのでしょうか?

働く事に生き辛さや辛さを感じている方は、まずは様々な人の価値観に触れて自分の視野を大きくしてみましょう。

そうする事で、貴方の悩みの解決方法を知る事ができるようになるのです。

会社で最も多いストレスとどう付き合うべきか

仕事をしていくうえで最も多くの人が感じているのが、人間関係によるストレス。

このように嫌な人と無理にでも仕事上関わらなくてはいけないため、日々自分自身もイライラしたり怒りを覚えたりします。

イライラがまだコントロールできる人はよいです。

ストレスが蓄積すると、ある日突然噴火したかのように怒りの感情に支配されてしまうことも。

そして自分自身の怒りのせいで、社内の人間関係がさらに悪くなって自分自身を苦しめる負のループに陥ることがあります。

怒りが外に向く人はまだ健康的かもしれません。

もっと悪いと、自分自身に怒りが向いてしまい

「なんで自分は他の人のように、コミュニケーションがとれないのだろう」

だとか

「なぜ自分はうまく行かないのだろう」

と自らを責めがちの人も。

そういう方は自分が悪いのだと思い込みすぎてしまい、そして欝々とした気持ちに陥ります。

多くの人は、企業に勤めて働いている人生を選んでいると思います。

そこで出会う様々な人間関係に、生き辛いと感じるビジネスマンも多数います。

このサイトでは、働くサラリーマン、ビジネスウーマンたちがいかにして人間関係のストレスから逃れていくのか、その方法や考察を紹介していきたいと思います。

今現在会社の人間関係で悩んでいる人は、マインドフルネスの観点を知って心を自由に開放していきましょう。

会社の人間関係が辛いときの選択肢を知る

会社の人間関係で悩んだ時、具体的にどのような行動を取るべきでしょうか。

今回は今現在会社の人間関係で悩んでいる方のために、選択肢をご紹介いたします。

視野が狭くなっていることを自覚しよう

会社の人間関係で思い詰めてしまう方は、極端に視野が狭くなってしまいます。

普段であれば気が付くような解決方法も思いつかない状態に。

まずは、多くの選択肢が貴方にはある事を知ってください。

会社を辞めたり、自殺をしたりするほど思い詰められる前に、実は逃げ道はたくさんあります。

頑張って今の人間関係を乗り越えなくては!!

逃げちゃダメだ!!

そう思い詰める必要は一切ありません。

貴方の人生は貴方が心地よいように生きても良い権利があります。

周りが頑張ってるから自分だけが逃げるのなんて、という罪悪感は一切ありません。

会社の人間関係に悩んだ時どうする?

人事部・上司に相談する

今いる部署の人間関係が合わない場合、または直属の上司と相性が悪い場合。

相談すべきは人事部や、相談できる上司への相談です。

ある程度の規模のある企業であれば、パワーハラスメントなどのセーフネットとして人事部が機能します。

どうしても相性が悪い相手がいてストレスを感じる、パワハラと自分は感じていると相談することで、その対象人物と業務上関わらないように調整をしてもらうことなどもできます。

思い詰めて心を壊したり、転職をする前に社内に味方をつくる行動を起こしましょう。

ストレスチェックを受け医療機関に相談する

ストレスチェックを受け、自分が今現在客観的にどのレベルのストレスを感じているかを第三者視点で評価してもらいます。

無自覚でも鬱の初期症状が出ている場合などもあるため、ストレスチェックでスコアが悪い場合は医療機関にすぐに相談しましょう。

場合によっては、休職などの診断書も用意してくれます。

  • 自分が休んだら回りに迷惑がかかる
  • 逃げると思われるのでは

というような心配は不要です。

意思の診断書が出た場合、速やかに休職ができるようになっており、貴方自身の権利でもあります。

少し長めの休みを取る事で、人間関係のストレスから解放されます。

そしてゆっくり静養しながら、会社を辞めるか、もう少し今の職場で頑張るか、部署を変えてもらうかなど考えましょう。

転職を選択する

会社の規模によっては、人事がほとんど働いていなような場合もあり得ます。

いくら人事に相談しても職場環境の改善が難しい場合や、異動出来る部署がない場合は速やかに転職活動を始めましょう。

人間関係を我慢してまで働き続けるメリットは貴方に果たしてありますか?

生活のために働かなくてはいけないのであれば、自分にとって居心地の良い職場がこの世の中に必ずあると信じてください。

転職は逃げではありません。今貴方の職場が貴方に合っていなかったので、合う場所を探すだけです。

会社以外のコミュニティに所属する

人間関係のストレスが高じる時は、一つの理由として所属するコミュニティが狭いから問題が深くなるという点があります。

つまり家と会社の行きかえりだけの人生の場合、人間関係がとても狭くなるため問題を深刻にとらえてしまうのです。

会社以外のコミュニティに属し、そこで自分を認めてもらえたり、評価されるような場所を作る事で、会社の人間関係がどうでもよくなることがあります。

習い事とを始めたり、趣味の仲間とつるんだり、ボランティア活動を始めてみるなど、自分が所属するコミュニティを増やしてみましょう。

思い切って休暇を取る

うつ病などの診断書がある場合は長期の休暇が取れますが、病気まで行かないという場合もありますよね。

こういうときは思い切って有給休暇を使用して、一週間ほどの休暇をとりましょう。

自分が休んだら周りに迷惑がかかると考える必要はありません。

社会は思った以上に、自分がいなくてもなんとか回るものです。

他人を気にして自分の心が疲弊する必要は実はないのです。

あの人に迷惑かけるから、なんて心配せずに思い切って休んでください。

会社の中の人間関係の断捨離を知る

知り合いや知人、多くの人とかかわるようになる30代から気にしたいのが人間関係の断捨離。

広げてきた人脈をいったん整理することで、ビジネスの世界でさらなる飛躍が貴方を待っています。

多くの人と知り合いであることはビジネスチャンスにつながる場合もあります。しかし中には自分自身の足を引っ張る人間関係があるのは事実。
自分を苦しめる人間関係から解き放たれるために、自分にとって必要な付き合い、不要な付き合いを整理しましょう。

会社の人間関係の断捨離とは

会社の人間関係を断捨離すると聞くと、そんなことできるのだろうかと驚かれると思います。

しかし、ここでいう断捨離というのは仕事上の人間関係を切り捨てるのではなく、貴方のストレスになるプライベートに浸食してくる人間関係の断捨離です。

例えば、あなたがの毎日、このようなストレスを与えてくる人はいませんか?

  • 食事をおごられる事が当たり前の顔をしている部下
  • マウンティングをしてくるお局様
  • 飲みに行けば仕事の愚痴しか言わない同僚
  • 飲みの席で説教をしてくる上司

1件1件は大したストレスでなくとも、それが続いたり蓄積すると自分でも気が付かないようなダメージが与えられています。

仕事が終わったプライベートの時間を活用して、楽しく社内の人間関係を築けるのは良い事です。

ですが、自分自身のプライベートの時間を割いてまで、一緒に居たくない、楽しい時間の使い方ができずにいるのは人生の無駄。

モヤモヤ、イライラするようなストレスを感じる相手に対して我慢して付き合っている方は、この機会に会社の人間の断捨離を試みてください。

「急に飲み会を断るのは・・・」

「これも仕事の一環だから」

と我慢しているなんて馬鹿らしいことです。

貴方のその人間関係における我慢はまったく必要なものではありません。貴方の人生の限られた時間をストレスやモヤモヤする人間に使っているのは勿体ないと自覚してください。

このような貴方にとってプラスにならない人間関係は、キッパリと断捨離をしてしまいましょう。

断わるのが過度が立つなら、言い方を変えていけばいいのです。

例えば飲み会に毎回誘ってくれるけど、愚痴ばかりの上司、同僚との飲みの断わり方には嘘も方便。

「最近、医者から酒を控えるように言われまして・・・・」でOK。

マウンティングしてくるお局様や、ランチをたかってくる部下に対しては

「最近自炊に目覚めて当分お弁当生活なんです」でOKです。

角の立たない言い回しをしながら、疎遠にしていくのが人間関係の断捨離の秘訣です。

いきなりキッパリと「貴方と居ると不快なので付き合いません」とわざわざ宣言する必要はありません。

会社の人間関係で疎遠にしたい人との距離の取り方

  • LINEが来てもスルーする
  • SNSをフォローしない
  • 誘いがあってもしっかり断る

この3つのポイントを守りましょう。

誘いの断わり方は先ほども言いましたが嘘も方便です。

  1. ダイエット中なので
  2. 医者から酒を控えるように言われまして
  3. お金を節約中なんです
  4. 奨学金の返済があって金欠で
  5. アレルギーになってしまい

などなど相手の気を悪くさせない嘘で、しっかり断りましょう。その繰り返しでやがて疎遠にすることができます。