「マインドフルネスの考え方」カテゴリーアーカイブ

ビジネスマンに必要なアンガーマネジメント

ビジネスマンとして知っておきたい能力の一つに、自分の怒りをコントロールできるということがあります。

社会生活を送る上で、自分が上司という立場になったとき、部下と円滑にコミュニケーションをとるために、つねにフラットな精神状態であるほうが好ましいです。

怒りっぽい上司相手に、何かミスをしたとき、または相談したいとき、相手が怖いと気軽に質問ができないという体験をご自身がしたことはありませんか。

そのような怒りっぽい上司のもとでは、ミスは隠蔽されやすくなり、やがて大きな問題に発展していきます。

怒りの感情を上手にコントロールできない人は、ビジネスの社会では嫌煙され、そして人間関係でもつまづく事が増えてきます。

もし貴方自身が自分の怒りをコントロールできていない自覚があるのであれば、アンガーマネジメントを学ぶのが最短のルートです。

ビジネスマンに必要なアンガーマネジメント

アンガーマネジメントは自分の感情を客観的に理解する能力を育てる方法です。

怒りをコントロールすることで、円滑に社内の人間とコミュニケーションがとれるようになります。

特に上司として部下に接するような管理職ほど、このアンガーマネジメント能力は必要になります。

しかし、多くの怒りをコントロールできない方は自分の何が問題なのかを理解できていません。

そのため、具体的なテクニックを紹介しますので、日々自分自身の怒りコントロール方法を試していくことで改善しましょう。

衝動をコントロールするには

怒りを抱くと衝動的に怒鳴りつける、暴力を振るうような自分を変えたいのであれば、まずは衝動をコントロールする方法をしりましょう。

人間の怒りは脳内にあるアドレナリンが原因。

そのアドレナリンは怒りを抱いた瞬間6秒間が最も強く放出されるため、この6秒を我慢することで衝動的に感情を爆発させることを回避できます。

具体的な衝動コントロール方法

怒りを感じたらまずはその怒りを10段階のうち何段階にあるのか点数をつけましょう。

客観的に怒りのグレードを知る方法です。

今の怒りは何段階だろう?

そのことを考えるだけで、6秒は経過するため衝動的に怒りを相手にぶつけることができずにすみます。

視野をひろげる

怒りの原因を探る方法です。

多くの怒りは、自分の中にあるルールに相手がそぐわない行動をとったときに生じる場合があります。

「~~すべきなのに」相手がやらない、というような「~べき」という思考が原因で怒りにつながります。

具体的には、電車では静かにすべきなのに中国人旅行客はうるさい、とか優先席はお年寄りが座るべきなのに、若い子が座っている、などの思考です。

ですが、ここで怒りを抱いてイライラする「~べき」という考えは果たして正しいのでしょうか?

自分自身の固定観念に疑問を投じることで、物事を多角的に見ます。

そうしてみると視野がひろがります。

優先席に座っている若い子は実は妊娠しているかもしれないし、具合が悪く内部疾患の障害をかかえているかもしれません。

電車うるさい中国人は、国柄や国のマナーとしてその国では当たり前のことなのかもしれません。

物事の視野を広げることで、怒る必要のある内容なのかと自分自身に疑問に感じる場合も。

他人と自分にとっての、当たり前が違うことを知れば自ずと怒りをコントロールできるようになります。

怒りの瞬間に深呼吸するとルールをつける

怒りが出た瞬間、一旦深呼吸をするという方法です。

この深呼吸に集中することで、6秒経過し怒りの衝動性を抑えることができます。

また深呼吸はリラックス効果もあり、怒りを鎮めてくれます。
本格的にアンガーマネジメントを勉強するために、セミナーなどもあります。

自分の怒りを上手にコントロールできる上司と、怒りのままに部下に怒鳴り散らす上司、あなたはどちらになりたいですか?
日本アンガーマネジメント協会では、様々な授業で怒りとの向き合い方を紹介してます。

気になる方は是非講座を受けてみては。

日本アンガーマネジメント協会

https://www.angermanagement.co.jp/

できるビジネスマンはストレスとの付き合い方を知る

ビジネスマンとして長い人生を生きていくためには、人間関係で生じたストレスとの上手な付き合い方を知っておく必要があります。

会社に行きたくない気分になるのは、貴方がストレスを抱えて自律神経を乱しているからかもしれません。

マインドフルネスに通じるように、できるビジネスマンは自分のメンタルや体に対して常に神経を配っているものです。

自分自身をしっかりケアできなければ、会社や社会で成功していく事は難しいです。

自分を労わる方法、ストレスを発散する方法を知るビジネスマンは、職場でもタフな人材として頭角を現していきます。

多くのストレスは無自覚な事が多い

自分はストレスと無縁だ、特にストレスを感じるようなタフな仕事はしていない。

そう思っている人ほど、実はストレスを抱えがち。

ストレスに無自覚な人のほうが、気が付いた時にはメンタルバランスを崩してしまい酷い状態になってしまう場合も。

今時分自身が特別ストレスを感じていないという人ほど、定期的にストレス発散方法を試して自分の精神を向かう必要があります。

仕事ができる人や、会社でバリバリとタフに働いている人ほど、実はストレスに対して敏感。

自分が少しでもストレスがあるなと思ったら、そのストレスを緩和するための工夫をしている場合が多いのです。

だからこそ、ビジネスで成功していきたいと考えている人ほど自分の中のストレスを上手に付き合う方法を学ぶべきなのです。

ストレスは自発的にコントロールしなくてはいけません。

無自覚のまま放置するとやがて大きな力となって自分の身に降りかかってきます。

自律神経を失調したり、うつ病になったりストレスの放置は怖い結果に繋がります。

ビジネスマンなら知っておきたいストレス解消方法

多くのストレスは、心が今ここに集中しておらず、将来の不安や、明日の心配事を考えている状態です。

それはマインドフルネスの観点から言えば、「今ここに居ない」と言う状態によってストレスが生まれているともいえます。

  1. 不安な事を考えてしまう
  2. 人間関係に不安を抱え明日の職場に行きたくない辛さがある
  3. 明日の会議を想うと憂鬱

このようなストレスはすべて未来のまだ起きていないことを憂いているにすぎません。

心を「いま」「ここ」「この時」に集中する事で、これらのストレスからは解放されます。

いま、ここに居る事を集中する方法

掃除をする

掃除をするということは、今目の前にある事に強制的に集中する事に繋がります。

掃除は古くから仏教の修行の一種でもありました。

掃除が修行になる理由は、精神が今この瞬間に集中するからです。

インドフルネスで大切な「いま」「ここ」「この時」に集中する方法が分からない方は、まずは目の前の掃除にとりかかってください。

不安な気持ちになった時ほど、掃除はストレス開放の一種として有効です。

体を動かす

心を緩めるためには、有酸素運動と、夜がなどの瞑想がおすすめ。特に呼吸を整えるヨガや瞑想はストレスで乱れた自律神経を整えます。

マインドフルネスの観点からも、「いま」「ここ」「この時」に集中する運動や、ヨガ、瞑想はとても有効な手段。

多くのビジネスマンや、アメリカの起業家などは毎日の生活にヨガや瞑想、運動を取り入れているのはマインドフルネスの視点からです。

読書をする

読書というのも、実は読書をしている瞬間は「いま」に集中している状態。将来の不安や、職場の嫌な事などを忘れる事ができ、マインドフルネスの観点からも有効な手段です。

瞑想や運動が苦手な人は読書をする事で、ストレスを解消していきましょう。

無自覚なストレスを自覚するには

そもそも自分がストレスを抱えているか分からないという方にお勧めの方法を紹介します。

日記をつける

ストレスに無自覚な人は、まずは自覚するところから。

毎日の自分の行動の変化や、朝の状態などを簡単に日記につけてみることをおすすめします。

最近寝つきが悪い、朝に弱くなった、やる気が無い日が多いなど、日記をつけることでバイオリズムを客観的に自覚できるようになります。

栄養に意識を向ける

調子ば悪く、メンタルが沈む理由の一つに日々の食事が適当になり、栄養が足りていない場合があります。

ファーストフードばかりが続いていたり、偏食が続くと自律神経が乱れ、ストレスに弱くなります。

できるビジネスマンは自分が口にするもの、栄養にとても敏感です。

しっかり体が必要とする栄養素を摂取できているかによって、メンタルのタフネスさが変わります。

ストレスに無自覚な人は、まずは自分の食生活が正しくバランスが良いかについて考えてみましょう。

ストレスの解消法は人それぞれですが、一番は無理をしないこと。

体に不調が現れる前にストレスを発散することが一番大切ですが、実際に不調が出た時に無理を押して出社する必要はありません。

頑張り過ぎず自分の体や精神を大切にすること。そのことがタフなビジネスマンとしての自己成長にもつながるのです。

ビジネスマンに必要なマインドフルネスの知識

働いている時に多くの不安に押しつぶされそうな気持になる事があります。

  • 明日の会議でうまく行くだろうか
  • 部長に叱責されるのが嫌だ
  • 月曜日からの出社が憂鬱だ
  • とにかくあの同僚の顔をみたくない
  • あの案件のクレーム対応が明日ある

特に月曜日の朝や日曜の夕方など、仕事の人間関係やプレッシャーで憂鬱なときがあります。次々嫌なことを思い浮かべ、気持ちが暗くなります。

また明日への不安に、いてもたってもいられない気持ちになってきます。

働くうえで、嫌な気持になったとき、それをどう乗り越えていけばよいのか。

そういうときにおすすめしたい、マインドフルネスの考え方というものがあります。

マインドフルネスを駆使して働くを楽にする

マインドフルネスというのは、簡単にいうと自分の感情の中で沸き立つ「不安」などとうまく向き合うための方法です。

今この瞬間にいる自分に集中することで、不安や先々の嫌な事から意識を切り放ち、心を開放していきます。

多くの不安というのは、実は今現在自分自身の身の上に起きていない事だと気が付いていますか?

不安というのは、実はそのほとんどが未来の事なのです。

明日の事かもしれませんし、まだ確定していない自分の脳内を膨れ上がったありえない過程の話かもしれません。

明日の会議うまくいかなかったらどうしよう、とか、部長に怒られたらどうしよう、というような脳が見せてくる不安は今この瞬間自分が体験している事ではないのです。

このように不安というのは、多くが未来の予測で沸き立つ感情です。

この感情を放置してしまうと、ますます生き辛くなったり、仕事が嫌になったり。

だからこそ、自分自身でコントロールしなくてはいけないのです。

そこで取り入れたいのがマインドフルネス。

今の自分に集中する方法です。

不安な気持ちになったとき、「今」に集中する方法

夜寝る時、明日の仕事が不安になったとき、次の手順でマインドフルネスを実行しましょう。

方法1:大きく深呼吸をし、10秒数えて息を吸い、10秒数えて息を吐く。

方法2:今の自分の状態を客観的に表現する。
呼吸に集中するとき、心は今の自分に集中します。

最も簡単にマインドフルネスをする方法です。

方法2は、今の自分を客観的に感じる方法です。

「今私は椅子に座ってる」「私は今呼吸してる」「コーヒーの匂いがする」のように今の自分が何をしているか、何を物理的に感じているのか、匂い、音、触感などに集中してみましょう。

不安なことを思い浮かべたり、嫌な過去の事を思い出した時は、すぐにこの方法のどちらかをしてください。

そうする事で今に集中し、心の中の不安を忘れていき、解放されていきます。

よく聞く瞑想も、マインドフルネスに通じます。

夜寝る前や朝などに瞑想の時間を取り入れてみるのもおすすめです。