会社の人間関係が辛いときの選択肢を知る

会社の人間関係で悩んだ時、具体的にどのような行動を取るべきでしょうか。

今回は今現在会社の人間関係で悩んでいる方のために、選択肢をご紹介いたします。

視野が狭くなっていることを自覚しよう

会社の人間関係で思い詰めてしまう方は、極端に視野が狭くなってしまいます。

普段であれば気が付くような解決方法も思いつかない状態に。

まずは、多くの選択肢が貴方にはある事を知ってください。

会社を辞めたり、自殺をしたりするほど思い詰められる前に、実は逃げ道はたくさんあります。

頑張って今の人間関係を乗り越えなくては!!

逃げちゃダメだ!!

そう思い詰める必要は一切ありません。

貴方の人生は貴方が心地よいように生きても良い権利があります。

周りが頑張ってるから自分だけが逃げるのなんて、という罪悪感は一切ありません。

会社の人間関係に悩んだ時どうする?

人事部・上司に相談する

今いる部署の人間関係が合わない場合、または直属の上司と相性が悪い場合。

相談すべきは人事部や、相談できる上司への相談です。

ある程度の規模のある企業であれば、パワーハラスメントなどのセーフネットとして人事部が機能します。

どうしても相性が悪い相手がいてストレスを感じる、パワハラと自分は感じていると相談することで、その対象人物と業務上関わらないように調整をしてもらうことなどもできます。

思い詰めて心を壊したり、転職をする前に社内に味方をつくる行動を起こしましょう。

ストレスチェックを受け医療機関に相談する

ストレスチェックを受け、自分が今現在客観的にどのレベルのストレスを感じているかを第三者視点で評価してもらいます。

無自覚でも鬱の初期症状が出ている場合などもあるため、ストレスチェックでスコアが悪い場合は医療機関にすぐに相談しましょう。

場合によっては、休職などの診断書も用意してくれます。

  • 自分が休んだら回りに迷惑がかかる
  • 逃げると思われるのでは

というような心配は不要です。

意思の診断書が出た場合、速やかに休職ができるようになっており、貴方自身の権利でもあります。

少し長めの休みを取る事で、人間関係のストレスから解放されます。

そしてゆっくり静養しながら、会社を辞めるか、もう少し今の職場で頑張るか、部署を変えてもらうかなど考えましょう。

転職を選択する

会社の規模によっては、人事がほとんど働いていなような場合もあり得ます。

いくら人事に相談しても職場環境の改善が難しい場合や、異動出来る部署がない場合は速やかに転職活動を始めましょう。

人間関係を我慢してまで働き続けるメリットは貴方に果たしてありますか?

生活のために働かなくてはいけないのであれば、自分にとって居心地の良い職場がこの世の中に必ずあると信じてください。

転職は逃げではありません。今貴方の職場が貴方に合っていなかったので、合う場所を探すだけです。

会社以外のコミュニティに所属する

人間関係のストレスが高じる時は、一つの理由として所属するコミュニティが狭いから問題が深くなるという点があります。

つまり家と会社の行きかえりだけの人生の場合、人間関係がとても狭くなるため問題を深刻にとらえてしまうのです。

会社以外のコミュニティに属し、そこで自分を認めてもらえたり、評価されるような場所を作る事で、会社の人間関係がどうでもよくなることがあります。

習い事とを始めたり、趣味の仲間とつるんだり、ボランティア活動を始めてみるなど、自分が所属するコミュニティを増やしてみましょう。

思い切って休暇を取る

うつ病などの診断書がある場合は長期の休暇が取れますが、病気まで行かないという場合もありますよね。

こういうときは思い切って有給休暇を使用して、一週間ほどの休暇をとりましょう。

自分が休んだら周りに迷惑がかかると考える必要はありません。

社会は思った以上に、自分がいなくてもなんとか回るものです。

他人を気にして自分の心が疲弊する必要は実はないのです。

あの人に迷惑かけるから、なんて心配せずに思い切って休んでください。