あの上司や部下に、考えを変えてほしいと思うのは間違い

会社の上司や部下との関係性に悩んでしまい、それが日々ストレスという方、いらっしゃいますか?

毎日会社に行くのが嫌な人間関係というのは辛いですよね。

上司や部下とそりが合わずに、相手に対してイライラする場合どうすればいいでしょうか。

相手の変化を期待するのがストレスの元

多くの方が一番望むのは、上司や部下に考え方を改めてもらいたいという希望です。

貴方もイライラする会社の人間関係で相手に期待してることありませんか?

あの人がこれを辞めてくれたら、というように考える事はありませんか?

しかしながら、職場の人間関係で、相手に変わってもらおうと期待する事は、結論から言えば無駄です。

人間関係における変化は、他人に変わってもらうと考える事からストレスが発生していきます。

「あの人はどうしてあんな言動をするんだ、あの言動を直してほしい」とか

「あの部下の生意気な態度を改めてほしい」

というのはすべては他人に対する無駄な期待にすぎません。

自分自身が他人に変わってほしいと期待を抱いていること、それが貴方自身をストレスにまみれさせているのです。

他人を変える事は一生できないと知る

他人の考え方や行動を変える事は、実はできないんです。

当たり前なのに多くの人がこれに気がつきません。

その事に気が付かない多くの人が、相手に変わってもらうことを期待して、その期待が裏切られることでイライラします。

ストレスの根本的な原因は、他人に対する期待であり、自分の中に人間関係のイライラの原因があるのです。

それでは、腹立たしい上司や部下の態度を改めてもらい、自分がイライラしないで済む方法はないのか?

と言われると一つだけ方法があります。

それは、他人に変化を求めるのではなく、自分が変化すること。

具体的にはこのような行動です。

相手に対するイライラの原因を深く分析し、相手に期待することを辞める

例えば上司の物言いがキツイから、もう少し柔らかい言い方にしてほしいとか、部下がふてくされた態度をとって腹が立つとき。

上司や部下に、その態度を改めてもらうように期待するのをやめてください。

どんなに貴女が訴えても相手の態度は変わりません。

態度が悪いのは、彼ら自身が抱える内面の問題のせいだからです。

妻と上手くいかないとか、アンガーコントロールができないとか、貴方が知りえない面で、彼らが問題を抱えています。

そして多くは自分が抱える問題に気が付いていません。

ですので、最初から貴方は「この人達はこういう人なのだ」と受け入れ、態度を変えてもらえないだろうかと期待してはいけません。

その期待のせいで、貴方をイライラさせているのです。

他人に対して最初から何かを求めないという、スルー力を持つ方に努力したほうが心が解放されます。

相手を理解しようと、別の角度から物事をとらえてみる

また、相手の物言いや態度に対して、貴方はサイコロで言うところの1つの方面でしか物事を見ていません。

相手の態度に何かしらの事情があるのでは、というように視点を変えてみると、相手の態度に対してのイライラも少なくなります。

例えばいつも物言いの強い上司に対して、

「こんな言い方するなんて」

と思うだけなら簡単ですが、上司の立場に立って想像してみてください。

  • 売り上げが達成していなくて部長に怒られたのだろう
  • 部下(自分)が反発的な態度で管理が大変なんだろう
  • 家庭に居場所がなくてストレスがあるんだろう

このように多角的な面から相手を分析すると、そのような状態だから高圧的な物言いになってしまうのはしょうがない。

上司も人間ができていないんだ、と納得に至ります。

何か相手に対してイライラするようなことがある場合、相手の立場に立って想像を働かせると貴方自身が相手の言動に振り回されなくなります。

これが、貴方の考え方を変える方法です。

不思議と相手の立場を考えてみると、相手の態度に対しての怒りも収まるため一度試してみてください。
人間関係で変えられるのは、実は自分自身の考え方や捉え方だけなのです。

相手に変化してもらおうと奮闘するよりも、自分の見方、考え方を変えるほうが、はるかに簡単です。
その事に気が付くことができれば、貴方の人間関係の生きにくさというのは少し変わってくるのではないでしょうか。