会社の人間関係原因の転職は逃げなのか? 

どうしても嫌な人が職場にいる。そのようなシチュエーションが毎日続くのはとても苦痛です。

サラリーマン、OLとして働くうえで最もストレスになるのが人間関係。

一人でも自分に辛く当たる人や、まるで嫌がらせのようにフラストレーションをぶつけてくる相手がいると、とても嫌な気持になります。

人間関係が原因による転職に悩むとき

会社でうまく行かない人間関係がある場合、真っ先に考えるのが転職という判断です。

仕事を辞めてしまい、次の仕事を探してこの場から逃げたいという思いは誰しも抱く感情です。

ですが、衝動的に行動をする前に、一呼吸おいてください。

はたして、「転職」というその行動は正しいのでしょうか。
人間関係が嫌で転職をする時成功する人と失敗する人がいます。

人間関係による転職は成功するのか?

結論から言えば、今の職場の人間関係が辛いから転職をするという判断は、失敗して後悔する人と、成功して転職をしてよかったと思う人で人それぞれです。

つまり、やってみないと結果は誰にも分らないのです。

だからこそ、転職という決断をする前にまずは現状の正しい整理が必要。

自分が本当に自分が転職すべきか、それとももう少し我慢すべきかを冷静になって正しく判断しなくてはいけません。

なるべく多くの人に転職をして失敗だった、こんなことなら我慢しとけばよかったと思わない選択をしてほしいです。

20代の若い世代なら衝動的に行動しても、まだ若さという武器があります。

ですが30代を過ぎての転職はやはりリスクが高いのが現実。

この記事を読んでいる貴方がまだ若い20代であれば、深く考えずに転職をするというのも一つの人生経験です。

人間関係が原因で転職に失敗するのはどういうとき?

転職をしたのに、失敗したと感じる方が世の中にはいます。

その理由は様々ですが、最も避けたいのが、転職した先でも同じような人間関係の壁にぶち当たってしまうという点です。

せっかく逃げてきたのに、同じような人間関係が転職先でも発生してしまった。

そんなとき、また貴方は転職をして逃げるべきなのでしょうか?

冷静に考えてみると、働いて社会に属している以上、自分と合わない人とどこかで出会う確率はとても高いのです。

だからこそ、人間関係に躓いて仕事を辞めた場合、その先でも同じような人間関係にぶち当たるリスクはあります。

そんな場合に、転職を後悔する人はとても多いのが現実です。

転職をして失敗したと感じる人の多くは、

  • 冷静な状況判断がとれていない
  • とにかく今のこの嫌な状態から抜け出したい

ということだけしか見えていないことが原因。

そうするといざその場を抜け出して、落ち着いたころに冷静になって後悔しがちに。

「あれ前の会社は収入も良かったけど、転職だと年収が半分になるぞ」

とか

「転職先でも嫌な上司がいる、それだったら給料が良いだけ前の会社のほうがましだった」

となるのです。

人間関係が嫌でしょうがない時の転職を「逃げ」と表現する人もいますが、そのことは大した問題ではありません。

時と場合によっては逃げるが勝ちです。

しかし、逃げる、逃げないを決める前に冷静な状況判断を一度してみてください。

今の職場の良いところ・悪いところをノートにかき出す

まず転職という判断をするうえで、冷静に情報を整理する方法として一つお勧めしたいのが、今の職場の良いところ、悪いところをノートにそれぞれかき出すという手法。

この手法は「ブレインダンプ」と言われており、頭の中にある雑多な情報を一度ノートに落とし込む事で状況整理をすることができます。

例えばば、このようにノートに書き出してみてください。
議題:今の会社の良いところ

  1. フレックスタイムが使えて出社時間が自由
  2. 残業があまりない
  3. 裁量権があり、自由に仕事ができる
  4. 有給が取得しやすい
  5. 福利厚生がしっかりしている・・・・・・

議題:今の会社の悪いところ

  1. 上司がパワハラをする
  2. 給料が安い
  3. 中々昇進をしない・・・・・・

それぞれの「議題・テーマ」に対して、20件~30件を目安に感じることを書いてください。

くだらないというような内容でも良いです。

頭の中を絞り切るようにすべて書ききる事が大切です。

すべて脳内の雑多な考えをノートに書きだした後、改めて今の会社の良いところ、悪いところを冷静にみていきましょう。

全体的に実は今の会社にはよいところがたくさんあり、唯一の悪いところがパワハラ上司ただ一人のせいである場合もあります。

そのことが分かったら、次は、「どうすればよいのか」思いつくことをすべて書き出してみましょう。

  1. うつ病の診断をもらい休職する
  2. 転職活動をする
  3. 人事に相談する
  4. パワハラを我慢するのを辞めて言い返す
  5. 上司に仕返しをする・・・・・

などなど、実は転職以外にもパワハラ上司を何とかする道が実は存在する事に気が付くはずです。

多くの人間関係で悩み、転職をしようと思い詰めている人の多くは、その状況から抜け出す方法に対しての視野が狭くなっている場合があります。

ブレンダンプは多くの選択肢があることを明確化してくれます。

これらの転職以外のすべての方法を試しても、それでもだめだったら転職をする、というような判断のほうが後悔せずにすみます。

もちろんブレインダンプの結果、会社の良いところと、悪いところの比重が明らかに悪い事のほうが多い場合は、迷わず転職をしましょう。

転職は一つの選択として、正しい判断である場合もあります。

人間関係を理由とした転職は時として後悔につながる場合も多いです。

自分の状況を冷静にジャッジメントできるような工夫をしたほうが、自分にとって大きなメリットのある選択が下せるようになります。