できるビジネスマンはストレスとの付き合い方を知る

ビジネスマンとして長い人生を生きていくためには、人間関係で生じたストレスとの上手な付き合い方を知っておく必要があります。

会社に行きたくない気分になるのは、貴方がストレスを抱えて自律神経を乱しているからかもしれません。

マインドフルネスに通じるように、できるビジネスマンは自分のメンタルや体に対して常に神経を配っているものです。

自分自身をしっかりケアできなければ、会社や社会で成功していく事は難しいです。

自分を労わる方法、ストレスを発散する方法を知るビジネスマンは、職場でもタフな人材として頭角を現していきます。

多くのストレスは無自覚な事が多い

自分はストレスと無縁だ、特にストレスを感じるようなタフな仕事はしていない。

そう思っている人ほど、実はストレスを抱えがち。

ストレスに無自覚な人のほうが、気が付いた時にはメンタルバランスを崩してしまい酷い状態になってしまう場合も。

今時分自身が特別ストレスを感じていないという人ほど、定期的にストレス発散方法を試して自分の精神を向かう必要があります。

仕事ができる人や、会社でバリバリとタフに働いている人ほど、実はストレスに対して敏感。

自分が少しでもストレスがあるなと思ったら、そのストレスを緩和するための工夫をしている場合が多いのです。

だからこそ、ビジネスで成功していきたいと考えている人ほど自分の中のストレスを上手に付き合う方法を学ぶべきなのです。

ストレスは自発的にコントロールしなくてはいけません。

無自覚のまま放置するとやがて大きな力となって自分の身に降りかかってきます。

自律神経を失調したり、うつ病になったりストレスの放置は怖い結果に繋がります。

ビジネスマンなら知っておきたいストレス解消方法

多くのストレスは、心が今ここに集中しておらず、将来の不安や、明日の心配事を考えている状態です。

それはマインドフルネスの観点から言えば、「今ここに居ない」と言う状態によってストレスが生まれているともいえます。

  1. 不安な事を考えてしまう
  2. 人間関係に不安を抱え明日の職場に行きたくない辛さがある
  3. 明日の会議を想うと憂鬱

このようなストレスはすべて未来のまだ起きていないことを憂いているにすぎません。

心を「いま」「ここ」「この時」に集中する事で、これらのストレスからは解放されます。

いま、ここに居る事を集中する方法

掃除をする

掃除をするということは、今目の前にある事に強制的に集中する事に繋がります。

掃除は古くから仏教の修行の一種でもありました。

掃除が修行になる理由は、精神が今この瞬間に集中するからです。

インドフルネスで大切な「いま」「ここ」「この時」に集中する方法が分からない方は、まずは目の前の掃除にとりかかってください。

不安な気持ちになった時ほど、掃除はストレス開放の一種として有効です。

体を動かす

心を緩めるためには、有酸素運動と、夜がなどの瞑想がおすすめ。特に呼吸を整えるヨガや瞑想はストレスで乱れた自律神経を整えます。

マインドフルネスの観点からも、「いま」「ここ」「この時」に集中する運動や、ヨガ、瞑想はとても有効な手段。

多くのビジネスマンや、アメリカの起業家などは毎日の生活にヨガや瞑想、運動を取り入れているのはマインドフルネスの視点からです。

読書をする

読書というのも、実は読書をしている瞬間は「いま」に集中している状態。将来の不安や、職場の嫌な事などを忘れる事ができ、マインドフルネスの観点からも有効な手段です。

瞑想や運動が苦手な人は読書をする事で、ストレスを解消していきましょう。

無自覚なストレスを自覚するには

そもそも自分がストレスを抱えているか分からないという方にお勧めの方法を紹介します。

日記をつける

ストレスに無自覚な人は、まずは自覚するところから。

毎日の自分の行動の変化や、朝の状態などを簡単に日記につけてみることをおすすめします。

最近寝つきが悪い、朝に弱くなった、やる気が無い日が多いなど、日記をつけることでバイオリズムを客観的に自覚できるようになります。

栄養に意識を向ける

調子ば悪く、メンタルが沈む理由の一つに日々の食事が適当になり、栄養が足りていない場合があります。

ファーストフードばかりが続いていたり、偏食が続くと自律神経が乱れ、ストレスに弱くなります。

できるビジネスマンは自分が口にするもの、栄養にとても敏感です。

しっかり体が必要とする栄養素を摂取できているかによって、メンタルのタフネスさが変わります。

ストレスに無自覚な人は、まずは自分の食生活が正しくバランスが良いかについて考えてみましょう。

ストレスの解消法は人それぞれですが、一番は無理をしないこと。

体に不調が現れる前にストレスを発散することが一番大切ですが、実際に不調が出た時に無理を押して出社する必要はありません。

頑張り過ぎず自分の体や精神を大切にすること。そのことがタフなビジネスマンとしての自己成長にもつながるのです。